ブログ

ビルの管理業務

2017/01/19(木) 18:00

物の原理とは悲しいものですね...
なんでかって?
設備というのは時間が経つにつれて劣化してしまうからです。
「じゃぁ仕方ないな~」


って、おい!
それを黙って見送るなんてのは管理失格だろ!
と思っているオーナー様必見!


それでは早速今回の事例を紹介いたします。
某ビル屋上にある発電機。
我々は黙って見過ごしませんよ!
201701201721_1-300x0.jpg
実はこれ、扉の接着部分が劣化しています。機械の話ではありません...
さて、劣化しているとどんな問題があると思いますか?


そうなんです!皆さまが考えている通り、異物が混入し汚れやゴミ屑などが溜まってしまいますね。
またなんと言っても雨水が浸入してしまいます(汗)これは機械に直接影響してしまいますので危険です!
これを放置しといたらすぐに劣化してしまいます。機械が故障などした場合は多額の費用がかかります。

そこで我々は考えました。必要最低限の費用で如何に劣化を防ぐか。サービス重視の腕がなります!
結果
201701201721_2-300x0.jpg

どうでしょう?これでしっかりと雨水や異物の混入は防げますよね!
自分たちの手作業で且つ管理業務の一環だと考え行動いたしました!

いきなり結果で驚かれているかと思いますがどんな工程を踏んでいるかは企業秘密ですのでご了承下さい。
ですので過程が気になる方や弊社の管理に興味をお持ちになられた方はぜひ弊社までお問合せください!


P.S.今回も最後までお読み頂きありがとうございます。寒い日が続きますがお体の方ご自愛ください。

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード: