公式ブログ

<<前へ 次へ>>

服部ほのぼの日記29~排水管洗浄~

2019/02/12(火) 16:30

ブログを読んでくださっている皆様
こんにちは・こんばんは
いつもお世話になっております。
首都圏ビルマネジメントの服部です。
 
先日は、春一番も吹きまして少しづつ春の訪れを感じます。
ただ雪が降ったりと、まだまだ寒い季節が続きますので、
皆さま体調管理に十分お気を付けください。
 
さて、本日は先日行った排水管洗浄についてです。
今回、排水管洗浄を行った物件は、弊社で管理しておりますマンションです。
当マンションでは、2年に1回全室において排水管洗浄を行っております。
 
意外と排水管洗浄は、重要視されておりません。
家庭の流し台や浴室などから排水管に流れる水にはさまざまな物質が含まれています。
食事に含まれる油脂、洗面所や浴室から流れる石鹸や洗剤、人の髪の毛などは詰まりの原因となることが多く、
詰まっている物質には細菌や微生物が付着していることが多々あり、これらが悪臭や不衛生な環境を生み出す引き金となる場合があります。
排水管の汚れは洗浄をしないと、内部に蓄積していきます。
厚みを増した汚れによってさらに流れは悪くなり、水が流れなくなったり、悪臭の原因となります。
 
排水管洗浄にもいろいろな洗浄方法がありますが、今回は高圧洗浄で対応しました。
高圧洗浄機・高圧洗浄車のホースから噴射する水流で排水管内の堆積物を粉砕および剥離させて除去する方法となります。
 

 

 

 
 
今回は、洗面所部分の排水管に多くの髪の毛が詰まっていました。
 

服部ほのぼの日記 28 ~斫り工事総集編~

2019/01/30(水) 13:36

ブログを読んでくださっている皆様
こんにちは・こんばんは
いつも大変お世話になっております。
首都圏ビルマネジメントの服部です。
 
インフルエンザがとても流行っていますので、
しっかりと室内の加湿をして乾燥には十分お気をつけください。
弊社でも内勤の者がいろいろ対策をしてくれています。
 
さて2回前のブログで告知致しましましたように、
今回は、先日竣工いたしました斫り工事の過程について書かせていただきます。
 
予算の関係もあり、床面の半面を斫る運びになりました。
工事期間としましては、コンクリートの層が何層もありましたので
3日間の期間をいただきました。

 
【1回目】
 コンプレッサーを使って時間の許す限り斫らさせていただきました。
音と振動がものすごかったです。
※事前に近隣の方、当ビルの方には告知了承済みです。


 

 
【2回目】
 

 

 
【3回目】
 

 

 
仕上げも丁寧にやっていただけましたので、
オーナー様に変満足していただけました。
社長が掲げる「ALL-WIN」に少しでも近づける仕事ぶりができるように
これからも尽力していきたいと思います。
 
P.S.
最近の私のマイブームは、友人にいただきました、「PITTA MASK」です。
水洗いで何度使えるのでよければ皆様も使ってみてください。
 

服部ほのぼの日記27 ~エアコン ルーバー部品交換修理~

2019/01/24(木) 17:27

ブログを読んでくださっている皆様
こんにちは・こんばんは
いつもお世話になっております。
首都圏ビルマネジメントの服部です。
 
2019年も始まって3週間が過ぎました。
あっという間の時間の中で、皆さまは何をなされておりますでしょうか
私も11秒を無駄にしないように前進していきます。
 
さて、先日テナント様より空調機の風向きを調整するルーバーが下がったまま上がらなくなりましたとのご連絡をいただきました。
 
すぐさま業者の方と現地確認を行ったところ、ルーバーの接続部分が折れていたためルーバーが動かなくなっていることが発覚いたしました。
対応といたしましては、部品交換のみで修理可能ということでした。
オーナー様に現状説明と工事の許可をいただき、部品交換工事を執り行いました。
 






早急な対応ができたため、テナント様に大いに喜んでいただけました。
このスピーディーな対応は、中小企業ならではの強みだと思います。
 
管理会社の対応が遅くお困りの方がいらっしゃいましたら
お気軽にご相談ください。
☎03-3289-0151
 
 
 

服部ほのぼの日記23

2018/11/26(月) 16:34

ブログを読んでくださっている皆様
こんにちは・こんばんは
 
いつも大変お世話になっております。
首都圏ビルマネジメントの服部です。
 
11月もあっという間に終わってしまい、今週末にはもう12月です。
あっという間の一日をどう有意義に使おうか最近考えております。
有効活用方法ありましたらお教えお願いいたします。
 
さて、先日お世話になっておりますオーナー様から、ねずみの侵入された形跡があるとのことで、その対策を任せていただきました。
現地を確認したところ、ネズミのもと考えられるフンを発見。
すぐさま業者の方とともに再度現地調査を行いました。
 
2度の現地調査で、発覚したのは電気回線の間のとこに隙間がありました。
ここがネズミの出入り口と判断したため、その隙間を塞ぎ床に粘着シートを敷き詰めて対策いたしました。
2週間後、粘着シートを確認しに行きました。
 
この確認では、2パターンの結果が想定できます。
1パターン目は、粘着シートにネズミもしくは、室内に新しいネズミの糞等のネズミの侵入した形跡があった場合、
前回塞いだ隙間とは別に、ネズミの出入り口があると想定できます。
なので、再度調査し、対応せねばなりません。
 
2パターン目は、1パターン目とは逆で、粘着シートにも、室内にも侵入の形跡が確認できない場合、前回の対策が成功となり、終了となります。
なので、この確認がとても重要となります。
 
今回は、2度の現地調査が功を奏し、ネズミの侵入を阻止することができました。
ねずみ対策はやはり侵入口をふさぐのが一番だと業者の方がおっしゃっておりました。
 
このような対策を弊社で対応することができますので、御見積だけでも結構ですので、お気軽にお電話ください。
 

服部ほのぼの日記20

2018/10/30(火) 16:57

ブログを読んでくださっている皆様
こんにちは・こんばんは
首都圏ビルマネジメントの服部です
 
あっという間に10月も終わりを見せております。
時は金なりといいますが、本当に時間は、儚いものですね
1秒も無駄にしないように行動していきたいです。
 
先日、弊社で管理しているビルの消防設備の改修工事に立ち会ってまいりました。
この工事は、消防設備点検を行うことで、消防設備の不備・不具合を発見し、改修する工事です。
 
―――そもそも、消防設備点検とは――――――――――――――――――――――
消火器やスプリンクラー設備、自動火災報知設備などの消防用設備が、火災の際に正常に作動しないと人命にかかわることから、定期的に点検し、管轄する消防署へ報告する制度です。 他にも、自動火災報知設備、スプリンクラー設備、誘導灯などが消防法令に基づき設置されている建物は、点検・報告が必要です。
このように、消防法令や人命にかかわることですので、とても重要なものです。
 
(東京消防庁)より引用
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/office_adv/tenken_houkoku/index.html
 
 

 



 

 
古くて作動しない感知器を新しいものに交換いたしました。
 



 
交換後は、しっかり作動するかの検査をいたします。
ランプがつきましたら正常に作動している証拠です。

検査後終了です。
 

 



 
送水管のホースが、老朽化しておりましたので、交換いたしました。
 


 

 

消火器は、製造から10年を超えますと耐圧性能点検(水圧試験)または、交換が必要となります。
今回は、交換で対応させていただきました。
 
このような、消防設備作業も弊社で請け負うことができますので、気軽にお問い合わせください。
 
首都圏ビルマネジメント 
☎03-3289-0151
 
P.S.最近は、担当ビルも増えてきていて生き生きしております(^^
<<前へ 次へ>>