公式ブログ

次へ>>

服部ほのぼの日記 45

2019/08/07(水) 13:36

ブログを読んでくださっている皆様
こんにちは・こんばんは
いつも大変お世話になっております。
首都圏ビルマネジメントの服部です。
 
ポロシャツ一枚でも暑い日が続いております。
コンクリートの温度は50度を超えている時もあるみたいなので、
地面やガードレールを触る際は、充分お気を付けください。
 
さて今回は、先日行いました空調機の基盤交換及びファンモータ交換工事について書かせていただきます。
夏にトラブルが多発する空調機ですが、今回は、弊社で管理しているビルでトラブルが発生してしましました。
事の流れとしましては、まずテナント様より「エアコンが止まって、リモコンのところにエラーと出ています」との連絡をいただきました。
エラーの場合、番号が表示されますので、その番号でおおよその原因を推測することができます。
 
業務用のダイキンのエラーコードは、以下からご確認いただけます。
https://www.e-aircon.jp/abouts/errorcode/daikin.html
 
エラーコード・現地確認の後、原因は、基盤の故障によるものだろうとわかりました。
すぐさま、馬場オーナーが業者の方を手配してくださいまして、とても早く対応することができました。
ただ今回はこれで終わらず、基盤を交換したところ
基盤の故障する原因になったものが、ファンモータだということが発覚いたしました。
その為、急遽部品を取りに行ってもらい、その日のうちに工事することができました。
 








早急に対応してくださいましたオーナー、業者の方にこの場を借りまして感謝申し上げます。
また、当該空調機が設置されていましたテナント様には、大変ご迷惑をかけてしまったのにも関わらず、とても親身に対応していただきました、併せて感謝申し上げます。
 

服部ほのぼの日記 42

2019/07/12(金) 18:01

ブログを読んでくださっている皆さま
こんにちは・こんばんは
いつも大変お世話になっております。
首都圏ビルマネジメントの服部です。
 
雨が続き、ジメジメした毎日です。
こういうときは、気分も張れませんが皆さまどうお過ごしでしょうか
私は、どんな時でも元気いっぱいです。
 
さて今回は、私の担当しているビルで起きたトラブルについてです。
トラブル発覚は、テナント様から頂いた1本の電話でした。
「水が出ません。今日は、断水を伴う検査がありますか?」とのことでした。
もちろん、そんな予定はなく、もしある場合は、事前にお知らせをします。
なので、急いで現地に赴き、断水しているのが、その階だけなのか、それともビル全体なのかを確認しに行きました。







結果は、他の階も断水しており、ビル全体の断水でした。
原因は、圧力ポンプの電気系統部分に水が入ってしまったために、絶縁ができないようになってしまったことでした。
通常圧力ポンプは、2つのポンプを交互に動かしてビルに水を送ります。
ただ、先ほども書きましたように片方のポンプが使えないため、単独運転で対応しております。
対処法としましては、交換工事しかありません。
交換工事については、今後また触れます。
 
オーナー含め、こういう緊急時に、即座に対応していただいた皆さまに感謝しなければいけません。
また、テナント様もご迷惑をかけたにもかかわらず、快く対応していただきましたので、
いろんな方々に支えられている仕事だなとつくづく感じさせられました。
 

服部ほのぼの日記 40

2019/06/18(火) 10:09

ブログを読んでくださっている皆さま
こんにちは・こんばんは
いつも大変お世話になっております。
首都圏ビルマネジメントの服部です。
 
私事で申し訳ございませんが、先日腰を痛めてしまいまして、
持ち味の迅速な行動ができずにいました。
申し訳ございません。
しっかりと、自分の体調管理をしたいと思います。
 
さて、今回は、先日弊社の管理ビル(第2AKビル)で行いました、
「電気温水器交換工事」について書かせていただきます。
 
電気温水器のメリットって何か知っていますか?
 
まず、ガス給湯器よりも給湯器としての平均寿命が長いといわれております。
なぜなら、ガス給湯器の場合は、配管を実際に火で温める部分があり、その部分の劣化が早くなります。平均寿命は、約10年ほどといわれております。
しかし、電気温水器に関しては、その倍の約20年ほどです。
 
 また、災害などの非常時にも大きなメリットがあります。ガス給湯器は必要な時に温めるので、ガスが止まるとお湯が使えず、断水したらもちろん使えません。
しかし、電気温水器は、基本的に大きなタンクにお湯が保温状態で溜まっているので、万が一の災害時、断水してもお湯がしばらく使えます。
 
そして、使用時にお湯を沸かすわけではないので、音が非常に静かです。
 
さて本題の工事です。
写真で失礼いたします。


 





ただ、いくら寿命が長いといっても故障するときはいつか来ます。
そのタイミングで、迅速に対応していただけるオーナーを当たり前だと思わず、
この場を借りて感謝したいと思います。

P.S.第2種電気工事士の資格取得のために勉強を始めました。
 
 

服部ほのぼの日記39

2019/06/07(金) 10:55

ブログを読んでくださっている皆さま
こんにちは・こんばんは
いつも大変お世話になっております。
首都圏ビルマネジメントの服部です。
 
雨が続く季節になってまいりました。
温度調節が難しい時期になりますので皆さま体調管理には十分お気を付けください。
 
 
さて、今回は、ビルの外壁塗装について書かせていただきます。
今回の塗装箇所は、道路面ではなくビルとビルの間の箇所でした。
通常、外壁塗装は、無足場工法(通称:ブランコ作業)にて行います。
ブランコ作業は、足場を設けずに建物の屋上から垂らしたロープを利用して、ブランコに座りながら作業する工法のことです。以下の画像ような作業です。
 
 
 
ただ、座ったまま降りるため、ビル間が広く空いて入ればスムーズに塗装を行うことができるのですが、
今回の物件は、かなり狭く、立ったまま降りるのがやっとでした。
ですが、ご安心を!!
弊社では、狭い隙間でも、塗装可能な業者との付き合いがあります。
 
 





狭い部分の塗装でお困りの方がいらっしゃいましたら、
見積もりだけでもいいので、ぜひご相談下さい。
☎03-3289-0151
 

服部ほのぼの日記 37

2019/05/18(土) 18:20

ブログを読んでくださっている皆さま
こんにちは・こんばんは
いつも大変お世話になっております。
首都圏ビルマネジメントの服部です。
 
健康診断の季節が近づいてきております。
気温も高くなってきているので、仕事をして汗をかき
健康体を維持していきたいと思います。
 
さて今回は、先日弊社の管理ビルにて行いました、
「フロアヒンジの交換工事」について、書かせていただきます。
――――――――そもそもフロアヒンジとは?――――――――――――――――
フロアヒンジとは、ドアの軸下の床に埋め込まれている、扉の開閉スピードを制御する装置のこと。 内蔵されているスプリングと油圧の力によって、ドアが急に開いたり閉じたりしないように開閉スピードを調整する役割を果たしており、ドアを定位置でストップさせる機能を持つものもある。
 
※参照(https://suumo.jp/yougo/h/floorhinge/
 
 
今回の工事は、ビルの入り口扉がきちんと閉まらない症状がありました。
業者の方に、現地確認していただいたところ、フロアヒンジの油が漏れてしまっているのが原因でした。
ヒンジは、油が漏れてしまうと機能を果たせず、交換するしかありません。
このままでは、きちんとドアが閉まらず警備が、かからなくなってしまいます。

そのため、交換工事を執り行う手筈となりました。
 
 



交換前
かなりさびてしまっています。
 
 


 
 業者の方が、かなりのベテランの方なので、手際よくスピーディーに作業をしてくれました。
私が言うのもなんですが、かなり腕のいい業者です。




 
 交換後
かなりきれいに仕上げていただきました。
これで一安心です。

 
弊社では、かなりお優秀な業者の方とのつながりが多数御座います。

管理会社の対応が遅くお困りの方がいらっしゃいましたら
お気軽にご相談ください。
☎03-3289-0151
 
次へ>>